新型コロナウィルスによる経済への影響が懸念される今、会社経営の立て直しをすることが
経営者の急務となっています。但し、コロナ前の状態に戻すことは現実的ではなく、
新しいスタイルの会社経営が求められていくでしょう。
では、どのような新しいスタイルの会社経営が必要なのでしょうか?

・既存の人的リソースで賄える、業務効率化されたシンプルな業務フロー
・万一の時でも業務を止めない継続可能な環境整備
・グローバルサプライチェーンの見直し(国内のサプライチェーンでの生き残り)
・新しい時代に即した事業展開

これらの会社経営は、IT技術なくして実現することはできません。
但し、人間が必要なくなるという事でもありません。
ITで出来ること、人間しかできないことの棲み分けを明確にし、役割を分担できるような
状態にすることが大切なのです。

《これからのIT技術》
・AI(人工知能)
・RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
・クラウド(社外システム基盤)
・テレワーク(事業継続化のためのリモートアクセス環境)

会社の現状を把握し、改善をしていく過程の中で、一度、業務全体を見直しながら
適宜IT技術を導入していくのが筋道です。