コロナウィルスの蔓延の影響で、『非常事態宣言』が発令されてもうすぐ2カ月が経過しようとしています。国民が一丸となって『外出自粛』を実践した結果、多くの都道府県で『非常事態宣言』が解除されました。『外出自粛』要請を受けて、多くの事業者が活動停止を余儀なくされ、事業の先行きが見えない状態です。
そんな中、国や地方自治体が企業を応援する施策が多く出されています。
無担保の融資や、補助金、助成金、給付金などです。
これらを上手に使いながら、経営を安定化させることがとても重要です。

1.経営資金
事業を運営していくために一番必要なのは、「資金」です。
この資金をどれだけ用意できるかで、経営が軌道に乗るかの分岐点となります。
但し、多くの資金を融資で受ければ良いという事ではありません。
なぜなら、この先、返済していくことが、逆に足かせになる可能性もあるからです。
よって、以下の2点を考慮する必要があります。
●銀行からの融資を借りること
●出来るだけ受けた融資を使わないこと
詳細は、xxxxxページで。

2.物(商品・サービス)
今まで自社を支えてきた事業(商品・サービス)を活かして、どのような新事業を進めていくのか?
現状維持では、会社は発展していきません。
おそらく、多くの経営者の皆様は、何を、どうやって新しいことを始めるのかを常に考えているでしょう。
新事業の考え方の詳細は、xxxxxページで。

3.IT(業務効率化と販売促進活動)
業務のIT化は、これからの会社経営には欠かせないファクターです。
ITを自社の業務にどのように適用していくかが、会社発展のための重要なカギとなります。
考慮点は、以下4つとなります。
●営業ツールとしてのIT
●人材不足を補うIT
●業務効率化をするIT
●非常事態時に対応するIT
詳細は、xxxxxページで。

4.人(人的資源)
現代は、人手不足の時代です。どの企業も人材不足に喘いでいます。しかも、日本の人口が減少し、
労働人口も減少していきます。国では、女性や高齢者の雇用を積極的に進めています。
今所属しているメンバーで、如何に効率よく、そして、今まで以上の成果を上げることが出来るのか。これを考える必要があります。
●各メンバーの個々のスキルを向上させる(処理能力を上げる)
●チームとしての活動量(処理能力)を向上させる
国が進めている「働き方改革」の基本的な考え方です。これらを実現するために、経営者はどうすれば良いでしょうか?
詳細は、xxxxxページで。